2006年03月25日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題26」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

破産更生債権等の貸倒見積高は、原則として、( ア )として処理する。ただし、債権金額又は取得価額から( イ )することもできる。

(解答)
ア 貸倒引当金
イ 直接減額


(解説)
金融商品会計基準 注10からの出題です。
破産更生債券等の貸倒見積高は、他の区分と同様に原則として貸倒引当金として処理することとされます。
しかし、債権金額(取得原価)から直接控除することも認められています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。