2005年11月05日

簿記1級(会計学)問題16

(問題)
次の文章の正否を○×の符合で示しなさい。

(1)予約販売を行っている場合、予約金を受取った時点でその予約金の総額を売上収益に計上することも認められる。

(2)有形固定資産の減価償却累計額は、原則として該当する資産の取得原価から控除形式で貸借対照表に記載されるが、無形固定資産については、減価償却累計額を控除した未償却残高を貸借対照表に記載する。

(3)研究開発費を費用として処理する方法には、一般管理費として処理する方法と当期製造費用として処理する方法とがある。

(解答)
(1)×
(2)○
(3)○


(解説)
(1)予約販売では、商品の引渡しまたは役務の給付が完了した分だけを当期の売上高に計上します。
「企業会計原則 注解6」参照

(2)「貸借対照表原則 五 D、五 E」参照

(3)「研究開発費等に係る会計基準 注解2」参照


posted by 1級講師 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計学(○×計算編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。