2005年11月25日

簿記1級の学習の進め方

簿記1級の標準的な進め方は、次のような感じではないでしょうか。

(通学・通信の方)
専門の受験機関の指示どおりに学習をすすめるとよいでしょう。


(独学の方)
テキストと問題集を用意します。
テキストと問題集は、同じ系統のものを使用する方がいいでしょう。
テキストを読みながら、テキストの問題、問題集の問題という形で学習していきます。
ひととおり、テキスト・問題集の学習が終了したら、過去問にチャレンジしましょう。
その他、学習の余裕に応じて予想問題集・模擬問題集を利用するとよいでしょう。

テキスト等の特徴を二つに分けて考えておきます。
選ぶ際の参考にしてみてください。
誰にとってもよいテキスト等はないと思います。
実際に書店に足を運んだり、簡単な紹介を参考にするとよいのではないかと思います。

(1)受験機関系
受験機関の出版しているものは、内容も充実していてオススメが多いです。
難点は、価格が高い点です。

(2)会計に強い出版社系
内容は充実していますが、やや表現が固いと感じられる場合があります。
値段は、一番安いです。


posted by 1級講師 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 学習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔しま〜す。。
簿記論講師さんが運営されてるんですよね?
複数を並行してやっていけるなんて、
尊敬しちゃいます!

(2)は、中央経済社のことですかね〜(笑
Posted by アソジ at 2005年11月26日 19:33
このブログは、ほとんど本編の内容の写しですんで。
かなり、実験的な意味もありますが。

(2)は、内緒です(笑)。
Posted by 講師 at 2005年11月27日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。