2006年02月01日

穴埋め1級 企業会計原則「問題41」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

負債は( ア )に属する負債と( イ )に属する負債とに区別しなければならない。仮受金、未決算等の勘定を貸借対照表に記載するには、その性質を示す適当な科目で表示しなければならない。

(解答)
続きを読む


2006年02月03日

穴埋め1級 企業会計原則「問題42」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

取引先との通常の商取引によって生じた支払手形、買掛金等の債務及び期限が一年以内に到来する債務は、( ア )に属するものとする。
支払手形、買掛金その他流動負債に属する債務は、取引先との通常の商取引上の債務とその他の債務とに区別して表示しなければならない。
引当金のうち、賞与引当金、工事補償引当金、修繕引当金のように、通常一年以内に使用される見込みのものは( ア )に属するものとする。

(解答)
続きを読む

2006年02月13日

穴埋め1級 企業会計原則「問題43」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

社債、長期借入金等の長期債務は、( ア )に属するものとする。
引当金のうち、退職給与引当金(現退職給付引当金)、特別修繕引当金のように、通常一年をこえて使用される見込のものは、( ア )に属するものとする。

(解答)
続きを読む

2006年02月15日

穴埋め1級 企業会計原則「問題44」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

債務のうち、役員等企業の内部の者に対するものと親会社又は子会社に対するものは、特別の科目を設けて( ア )して表示し、又は( イ )の方法によりその内容を明瞭に示さなければならない。

(解答)
続きを読む

2006年02月25日

穴埋め1級 企業会計原則「問題45」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

貸借対照表に記載する資産の価額は、原則として、当該資産の( ア )を基礎として計上しなければならない。
資産の( ア )は、資産の種類に応じた( イ )によって、各事業年度に配分しなければならない。

(解答)
続きを読む

2006年02月27日

穴埋め1級 企業会計原則「問題46」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

有形固定資産は、当該資産の( ア )にわたり、定額法、定率法等の一定の( イ )の方法によって、その取得原価を各事業年度に配分し、無形固定資産は、当該資産の有効期間にわたり、一定の( ウ )の方法によって、その取得原価を各事業年度に配分しなければならない。繰延資産についても、これに準じて、各事業年度に( エ )以上を配分しなければならない。

(解答)
続きを読む

2006年03月14日

穴埋め1級 企業会計原則「問題47」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

商品、製品、半製品、原材料、仕掛品等のたな卸資産については、原則として( ア )又は( イ )に引取費用等の付随費用を加算し、これに個別法、先入先出法、後入先出法、平均原価法等の方法を適用して算定した取得原価をもって貸借対照表価額とする。ただし、時価が取得原価より著しく下落したときは、( ウ )を除き、時価をもって貸借対照表価額としなければならない。
たな卸資産の貸借対照表価額は、時価が取得原価よりも下落した場合には時価による方法を適用して算定( エ )。

(解答)
続きを読む

2006年03月21日

穴埋め1級 企業会計原則「問題48」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

有形固定資産については、その( ア )から( イ )を控除した価額をもって貸借対照表価額とする。
有形固定資産の取得原価には、原則として当該資産の取引費用等の( ウ )を含める。
現物出資として受入れた固定資産については、出資者に対して交付された株式の( エ )をもって取得原価とする。
償却済の有形固定資産は、除却されるまで オ )又は( カ )で記載する。

(解答)
続きを読む

2006年03月23日

穴埋め1級 企業会計原則「問題49」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

無形固定資産については、当該資産の取得のために支出した金額から( ア )を控除した価額をもって貸借対照表価額とする。

(解答)
続きを読む

2006年03月24日

穴埋め1級 企業会計原則「問題50」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。


贈与その他無償で取得した資産については、( ア )をもって取得原価とする。

(解答)
続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。