2006年02月21日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題20」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

貸倒懸念債権については、債権の状況に応じて、次のいずれかの方法により貸倒見積高を算定する。ただし、同一の債権については、債務者の財政状態及び経営成績の状況等が変化しない限り、同一の方法を継続して適用する。
(1)債権額から担保の( ア )及び保証による( イ )を減額し、その残高について債務者の財政状態及び経営成績を考慮して貸倒見積高を算定する方法
(2)債権の元本の回収及び利息の受取に係る( ウ )を合理的に見積もることができる債権については、債権の元本及び利息について元本の回収及び利息の受取が見込まれるときから当期末までの期間にわたり( エ )で割り引いた金額の総額と債権の( オ )との差額を貸倒見積高とする方法

(解答)
続きを読む

2006年02月20日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題19」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

一般債権については、( ア )又は( イ )の債権ごとに、債権の状況に応じて求めた過去の( ウ )等合理的な基準により貸倒見積高を算定する。

(解答)
続きを読む

2006年02月19日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題18」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

貸倒見積高の算定に当たっては、債務者の財政状態及び経営成績等に応じて、債権を次のように区分する。
1 経営状態に重大な問題が生じていない債務者に対する債権(以下、「( ア )」という。)
2 経営破綻の状態には至っていないが、債務の弁済に重大な問題が生じているか又は生じる可能性が高い債務者に対する債権(以下、「( イ )」という。)
3 経営破綻又は実質的に経営破綻に陥っている債務者に対する債権(以下、「( ウ )」という。)

(解答)
続きを読む

2006年02月17日

簿記1級(会計学・理論編)問題21

(問題)
(1)棚卸資産のなかには、通常の営業過程で販売されるために保有される財貨だけでなく、販売のために保有される用益が棚卸資産として扱われる場合もある。

(2)発生主義原則のもとでは、すべての費用は常に財貨・用益の価値費消という事実に即して認識される。

(3)将来の期間に影響する特定の費用は、次期以後の期間に配分するため、経過的に貸借対照表の資産の部に記載しなくてはならない。

(解答)
続きを読む
posted by 1級講師 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計学(○×理論編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

穴埋め1級 企業会計原則「問題44」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

債務のうち、役員等企業の内部の者に対するものと親会社又は子会社に対するものは、特別の科目を設けて( ア )して表示し、又は( イ )の方法によりその内容を明瞭に示さなければならない。

(解答)
続きを読む

2006年02月14日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題17」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

金銭債務  支払手形、買掛金、借入金その他の債務は、( ア )をもって貸借対照表価額とする。
社債は、社債金額をもって貸借対照表価額とする。社債を社債金額よりも( イ )価額又は( ウ )価額で発行した場合には、当該( エ )に相当する金額を資産又は負債として計上し、償還期に至るまで毎期一定の方法で( オ )しなければならない。

(解答)
続きを読む

2006年02月13日

穴埋め1級 企業会計原則「問題43」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

社債、長期借入金等の長期債務は、( ア )に属するものとする。
引当金のうち、退職給与引当金(現退職給付引当金)、特別修繕引当金のように、通常一年をこえて使用される見込のものは、( ア )に属するものとする。

(解答)
続きを読む

2006年02月12日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題16」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

デリバティブ取引により生じる( ア )は、( イ )をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、( ウ )として処理する。

(解答)
続きを読む

2006年02月11日

穴埋め1級 金融商品会計基準「問題15」

(問題)
次の文章の空欄に当てはまる語句を記入しなさい。
なお、空欄の大きさは、該当する文字数に比例しません。

( ア )及び一年内に満期の到来する社債その他の債券は( イ )に属するものとし、それ以外の有価証券は( ウ )に属するものとする。

(解答)
続きを読む

2006年02月10日

簿記1級(会計学・理論編)問題20

(問題)
(1)機械装置について、減価償却計画設定の際に予測できなかった異常な機能的減価のために計上した臨時償却費は、臨時損失の一種として特別損失の区分に記載する。

(2)商業を営む企業が当期分の地代を負担したとき、店舗のためのものは賃借料として販売費及び一般管理費の中に計上されるが、投資不動産のためのものは営業外費用の中に計上される。

(3)低価法の適用にさいして、品目別低価法・グループ別低価法・一括低価法があるが、いずれの場合にも、切放法によるのが保守主義原則にかなっている。

(解答)
続きを読む
posted by 1級講師 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計学(○×理論編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。